転移してしまった癌の治療法とは|再発や転移の予防が大事

先生
病室

数年に渡った治療で根治

脳血管で毛細血管が作られない奇形状態を脳動静脈奇形と言います。これは脳出血やくも膜下出血に発展するリスクがあるので治療することが大切です。治療法は患者の年齢や発症部位によって異なり、数年間継続して治療を進めることで根治を目指せます。

男女

病院も多く生活に便利

都筑区には多くの内科があり、区内で必要な医療を受けることが可能になっています。数が多いため、クリニックを決める時には医師の得意分野などを確認しておくことも大切です。内科に併設された分野などである程度見当をつけることができます。

検診で健康を守る

スーツの男性

いちから分かる癌転移の治療方法ガイド

癌転移を起こしてしまった場合の治療法でおすすめのものがたくさんあります。少しでも生存率を高めたい人にうってつけのところです。

検診で早期発見

癌は進行してくると血液やリンパ液などに混ざって体の他の部位に流れていき、そこで増殖します。これが転移です。リンパ管などの側にできた癌は転移しやすいと言えます。転移すると治療をする部分が増える為体に負担がかかります。転移を防ぐには検診を受けて早期のうちに癌を発見することが大切です。早期なら癌細胞が小さい為、手術自体も体に負担が少ない方法を選ぶことができます。また転移しないうちに腫瘍を取り除くことができるので、体の他の部分が癌になるのを防ぐこともできます。癌の中には転移しやすいものとそうでないものがありますが、特に転移しやすいのが乳癌です。毎年検診を受けることで早期に発見することができ、乳房も切除せずにすみます。

克服した後も検診を

癌を克服した人は、毎年検診を受けて他の部分に転移していないかどうか調べることがとても大切です。最初にかかった癌の種類によって転移しやすい部分がわかる為、そこを重点的に調べてもらうと良いでしょう。仮に転移していても早期に見つけることが出来れば、すぐに腫瘍を取り除くことができるので命を守ることができます。画像検査や内視鏡検査などは特定の部分を検査する方法ですが、全身の細胞の検査が出来る方法にPET検査があります。検査薬を点滴で体内に入れた後、特殊な機械で体を撮影するとどこに腫瘍が出来ているかがわかります。今まで見つけることができなかった小さな腫瘍も発見できるので、PET検査と他の検査方法を組み合わせて行うとより早く癌を見つけられます。

病院

すい臓にできる腫瘍とは

すい臓がんは早期発見がしにくいがんですので、EUSなどで詳しく調べてもらうことで、まだがんが小さいうちに発見することができます。それから黄疸や糖尿病がある場合は、特に注意が必要です。またふだんの生活で喫煙が多い、肥満体である、肉類の摂取が多いというような場合も、がんのリスクを高めることがあります。